2019年03月01日

知っていますか?ロコモ


みなさん、こんにちは

3月になりました

気温は上がりましたが花粉症につらい季節になりましたね。。。



今回はロコモ[ロコモティブシンドローム]についてお話したいと思います

ロコモとは、主に加齢による移動能力の低下から、介護が必要となったり


介護が必要となる可能性が高い状態をさします


ロコモは移動能力に着目した概念なので、体力低下の初期段階から


要介護に近い状態まで、さまざまな状態を含みます


超高齢化社会である日本では、介護予防の為に


80歳以上まで運動機能を健康に保つ必要に迫られています

運動機能の低下・運動器のケガが要介護のリスクとなることから


運動によるロコモの予防が重要となります



高齢者の移動能力の低下でこんなことが起こるかも

🌑 関節の痛みで、運動の機会が減る

🌑 転倒しやすくなり、骨折の危険性が増す

     これには骨粗鬆症や、加齢により骨がもろくなることも影響します

🌑 加齢による背骨の変形

     歩行が不安定になり、転倒・骨折の危険


上記のような身体の不具合が連鎖していくと、運動能力・移動能力がますます低下し

介護を必要とする可能性が高くなっています



そこで大切なのが、運動による【ロコモ予防】です

スクワットがオススメですが

手軽にできるように、椅子の立ち座り運動でもOKです!!

一度に行うのは5・6回程度で、一日3セットが推奨されていますが


物足りない場合は10回行なってみましょう




さいごに

【ロコモチェック】をご紹介します


以下の項目から1つでも当てはまるとロコモの疑いありです


しかし、冒頭でお話しした通りロコモは軽度〜重度まで幅広い範囲が適用されます


心配な場合は、かかりつけ医に相談してくださいね


  • 片足立ちで靴下がはけない
  • 家のなかでつまづいたり滑ったりする
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない
  • 階段を上るのに手すりが必要である
  • 15分くらい続けて歩けない
  • 2s程度の買い物をして持ち帰るのが困難
  • 家で、やや重い仕事が困難

posted by りすぱスタッフ at 14:04| 愛知 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする